• Home
  • テバが生まれたイスラエル:社会福祉・教育

社会福祉・教育

イスラエルの教育と科学


テルアビブ大学(提供:イスラエル観光省)

義務教育は5歳から始まり、18歳まで無償で提供されます。ほとんどの3~4歳の子どもたちは、何らかの就学前予備プログラムに参加しています。
高等教育機関には、科学や人文学で広い範囲の専門課程を提供する大学や、世界的な名声を得ている研究機関、専門的なコースを提供している専門学校や職業学校も含まれます。科学研究開発のレベルの高さは、この国で恵まれない天然資源を補填する役割を果たしています。

イスラエルの保険医療

1995年から施行されている国民健康保険法は、病院などの医療サービスを全てのイスラエル住民に提供する上での基準一覧を定めています。全ての医療サービスは、国内の4つの医療福祉団体によって提供され続けています。
平均寿命は、女性が83.4歳、男性が79.7歳となっています。乳児死亡率は新生児1,000人あたり4.0人です。医療技術者および専門家の数の人口に占める割合は、多くの先進国と比べても多くなっています。

イスラエルの社会福祉


死海(提供:イスラエル観光省)

社会福祉システムは、労働者の保護、および高齢者介護・母子家庭・青少年プログラム、移民の受け入れ組織の支援、アルコール依存症と薬物乱用の防止と治療などを含む、国民とコミュニティへの幅広いサービスの提供を定めた法律に基づいて行われています。
国民健康保険庁は、すべての定住者(イスラエル国籍でない人も含む)に対して、失業保険、高齢者年金、出産手当と産休、児童手当、収入手当など、幅広い利益を提供しています。

※このページの掲載内容はイスラエル大使館からの提供です。

ページトップへ