• Home
  • テバが生まれたイスラエル:経済・産業技術

経済・産業技術

イスラエルの経済(中央統計局 2011年)


ショッピングモール(提供:イスラエル観光省)

GDP:2,170億ドル(国民1人あたり28,500ドル)
輸出(商品およびサービス):584億ドル
輸入(商品およびサービス):592億ドル

イスラエルの産業


エルサレム新市街の電車(提供:イスラエル大使館

イスラエルの産業は、技術革新に基づく高い付加価値のついた工業製品に集中しています。具体的には、医療電子機器、農業テクノロジー、通信テクノロジー、コンピューターハードウェア及びソフトウェア、太陽熱エネルギー、食品加工、および精製化学薬品です。

イスラエルの農業


テルアビブの野菜屋さん

イスラエルの農業における成功は、長い間の厳しく不利な条件下で、水不足とやせた土地を最大限有効に利用しようとする努力が生んだ結果です。 イスラエルの食料自給率は93%にのぼりますが、一方穀物、植物油、肉、コーヒー、カカオ、砂糖は輸入に頼っています。

イスラエルの水資源


ナショナル・ウォーター・キャリア
(提供:イスラエル大使館)

当地における水の欠乏は、水資源の最大限の有効活用と新しい資源の探求に火をつけました。1960年代には、イスラエルの天然水資源はナショナル・ウォーター・キャリアと呼ばれる主要水路に統合され、北部および中部の水源から南部の半乾燥地帯に水を運ぶようになりました。
現在進行中のプロジェクトは、人工降雨を含む新しい水資源の活用、使用後の水の再利用技術、および海水の淡水化です。

※このページの掲載内容はイスラエル大使館からの提供です。

ページトップへ